副鼻腔炎の初期症状が鼻づまり

インフルエンザが大流行している寒い季節、予防注射しても風邪にかかる訳とは

面白いネコ

 

抗インフルエンザ薬 とか予防注射とか 

 

効かない事もあるみたいです。ε=o(´ロ`||)ゴホゴホッ

 

 

フリー太 小さな学習塾で

 

    中高生相手に勉強教えています。

 

受験生にとって風邪は大敵。

 

>>「手洗い、うがい、こまめに水を飲む、早く眠る」

 

指導しています。

 

ところが 言いつけを守ったにも関わらず

 

         重い風邪にかかった生徒が出ました!

 

           中3のM君 (lil-Д-)

 

 

2週間ほどかけてようやく回復、

 

 学校にも学習塾にも 復学しましたが

 

   私立高校の受験が不利に傾きました。

 

親から塾に 苦情が  寄せられました。

 

 

 

フリー太の指導

 

「手洗い、うがい、こまめに水を飲む、早く眠る 」

 

  は何がいけなかったのでしょう。

 

>> 実はこれが 病んでいると

 

 風邪のウイルスが幾らでも入ってくるのです。

 

     特に冬、寝ている間に  菌菌菌菌>(´ロ`||)ゴホゴホ


モンスターペアレント ”ハイエナおやじ”

 

土下座 する塾長 

 

  「申し訳けありません」

 

塾の 教室に集まった 父母達

 

 M君の父親が 塾長に噛みつく

 

 「お前の土下座なんかで 始末がつくか!」

 

 

痩せていて神経質そう、ぎらついた目で吼える。

 

 この人、典型的なモンスターペアレント

 

  見た感じ 強い相手には歯向かわないが 

 

   弱い相手を見つけると 見境い無くなく噛み付くタイプ。

 

 

”ハイエナおやじ” と

 

                呼ぶことにする。

 

 

「フリー太先生が 嘘を教えたせいで

 

  うちの息子が2週間も寝込んで 勉強できんかったのだぞ!」

 

 

”ハイエナおやじ” の

 

 苦情がエスカレートする。

 

 

「ここは 嘘や 間違いを平気で教える インチキ塾か!

 

  生徒全員に授業料を返却せぇ!」 

 

 

 

「塾の名前で 謝罪広告を出せ。

 

  ”うちは嘘を教えました、申し訳ありません。”と。」      

 

裁判だ! 査問委員会で フリー太が追求される。

 

 

”ハイエナおやじ” の言い分を全て聞くと

 

 フリー太が解雇される。

 

大切な子供達の受験の時期に

 

 さすがにそれは困るという 他の父母方、

 

  取り分け 街の商店街の 奥さん達は フリー太に好意的だ。

 

   >> エピソード 歳末商戦を手伝うフリー太

 

 

査問委員会が開かれることになった。

 

フリー太が 風邪の予防に関して

 

 子供達に指導したことが

 

  不適切だったかを確かめる為に。 

 

査問委員会の取り仕切り役は S子ちゃんのママ

 

 裁判物ドラマが大好きな
                  マダム判事” と 呼ぶことにする。

 

S子ちゃんは 成績優秀な切れ者で 学校ではボス的存在。

 

 その母親 ”マダム判事”が 査問委員会を仕切り始めた。

 

  生徒の父母達から代表10人が選ばれ

 

 

1.フリー太の 風邪予防指導の不適切さ

 

2.中3のM君 (lil-Д-) が風邪を引いた理由

 

3.ハイエナおやじの言い分の妥当性

 

                を審議し始めた。

 

 

おいら面白いネコ

 

 窓の外の 塀の上から様子を伺う。

 

 

 

査問委員会の審議の 行方

 

フリー太不在の 査問委員会
父母達

 

「フリー太さん がそんなにいい加減な先生とは思えませんよね。」

 

「勉強が遅れている子には ただで補習してくれたし。」

 

「フリー太さん 躾方が上手いがな。

 

  倅も娘も 親の言う事は聞かんけど、先生の言う事はよう聞ききよる。」 

 

 

”ハイエナおやじ” が 一方的にフリー太の非をまくし立てる。

 

獣が吼える様な威圧的な口調

 

「私はね

 

  自分の息子が風邪引いたからだけで

 

    怒っているのと違う。」

 

 

ギラリとした鋭い目で委員達を睨み付ける

 

 

「今回の でたらめな風邪予防の指導は 

 

  勉強の教えた方そのものの 

 

      でたらめさを証明する一例ですよ。」

 

 

威圧的な態度で

 

 

「聞けば フリー太さん言うお人は 3流私立大卒で

 

    教職の資格もないらしい。

 

 ここで教えている勉強そのものが

 

        でたらめとちがうのかな?」

 

査問委員の父母10名

 

  ”ハイエナおやじ” が怖くて 反論できない。

 

 

当事者 フリー太の姿が査問委員会に見えない。

 

 

窓の外 塀の外の面白いネコ

 

 「言われっぱなしじゃないか。

 

   何でここに来て反論せんのや?」

 

 

後で知った事だけれど

 

 このとき フリー太 M君と 市の体育館にいた。

 

  自分の保身の事よりも ”ハイエナおやじ” の息子

 

    M君に構っているなんて。

汚名挽回

 

重苦しい雰囲気の査問委員会、

 

     議論も出尽くしてそろそろ結論の段階

 

 

ハイエナおやじ「”うがい 手洗い 水分補給 早く寝る さえしていれば 

 

        絶対に風邪をひかないと 断言したそうや。

 

 

「なぁぁぁーーーー、おぉぉぉぉーーーー」

 

面白いネコ、外から思いっきり鳴いてやった。

 

面白いネコ

 

 

 

ハイエナおやじ「医者でもないもんが、”絶対”なんて指導したら犯罪やで」

 

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

面白いネコに呼応して 近所の猫達も鳴き声をあわせる。

 

 

 

ハイエナおやじ「授業でも”絶対ここがテストに出る”なんて教えるから

 

         そこしか勉強せぇへん子供もおると聞く。

 

          子供は分別がつかないからな。」

 

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

「にぁーーーーぎゃぁーー」

 

「ふぅー、うぉー」

 

「あぉーーーー、あぉーーーー」

 

外の猫達、”ハイエナおやじ” が発言する都度 泣き声を上げる

 

 

 

”ハイエナおやじ” 「うるさい! 盛りのついたネコ供が!」

 

 切れやすい性格だと伺える。

 

 

査問委員の父母達、くすくすと笑いが零れる。

 

S子ちゃんのママ ”マダム判事”が切り出した。

 

 

「結論を出す前に

 

  子供達はフリー太先生の教え方をどう思っているのか

 

  聞いて見ましょう。

 

  ウチの娘がM君と同じクラスです。S子を呼びましょう。」

 

 

 

フリー太の指導の不適切さを確認するため生徒代表・S子 を 

 

 証人喚問する事になった。

フリー太の生徒を思う気持ち

 

市の体育館、トレーナー姿の フリー太とM君。

 

 バレーボールを使った軽い運動に誘っている。

 

 

フリー太 塾で開かれている査問委員会の呼び出しに応じない。

 

 

フリー太 「鼻が詰まっているのだろう?

 

         だから口をあいたまま 寝ているんだよね?」

 

 

M君、運動が苦手でボールの扱いがぎこちない。

 

 

 

フリー太「寝ているとき口が開いたままだと

 

      唾液が乾いて 細菌に感染しやすいんだ。

 

     特に冬の乾燥している時は ドライマウスは やられやすい。」

 

 

※  ドライマウスは 風邪に大変かかり易くなります。 

 

  >> NHKためしてがってん 

 

    でも紹介されていました。

 

フリー太 「ボクも子供の頃に覚えがあるよ。

 

     小2くらいのとき 蓄膿症でね

 

      耳鼻咽喉科に通ってネブライザー治療したけれど

 

       全然治らなくって、手術って事になったんだ。」

 

 

 手術

 

  M君 手術と聞いて   ( ̄Д ̄;)  顔色が青くなる

 

 

 

フリー太 「親が ”泣かなければ鉄道の玩具を買ってやる”って約束で

 

    手術を受けたんだけれど 鼻と喉の奥が 物凄く痛くってね  

 

     血がドバドバ出て 大泣きして、鉄道の玩具は買って貰えず 

 

     それなのに 鼻詰まりが治らなかった。」

 

 治らなかった!

 

  M君 黙って聞いている。 ( ̄□ ̄;)

最後の証人

査問委員会 最後の審議 

 

 ”マダム判事”の娘 S子ちゃん が 呼び出された。

 

  頭の回転が速い切れ者で 生徒達の間ではボス 的な存在。

 

   この子の証言次第で フリー太の運命が決まる。

 

 

”ハイエナおやじ” 「”うがい 手洗い 水分補給  早く寝る を守れば

 

        絶対に風邪をひかないって断言したよな?、

 

                フリー太先生は。」

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

外の猫達の鳴き声で ハイエナおやじの 凄みが殺がれるので
 S子は思いっきり発言できる。

 

 

S子「言う事を聞かない生徒がいますので

 

   先生が大袈裟さに強調する事はありますが

 

    私達は幼児じゃありませんので

 

    ”絶対に風邪引かない”なんて思いません。」

 

 

”ハイエナおやじ” 「お嬢ちゃん、 

 

               フリー太先生が 

 

                ”絶対風邪引かない”って 言ったかどうかだけ

 

                 答えてくれるか?」

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

「にぁーーーーぎゃぁーー」

 

「ふぅー、うぉー」

 

「あぉーーーー、あぉーーーー」

 

外のネコ達のブーイングが響き渡る、

 

”ハイエナおやじ” 窓を開けて怒鳴る「うるさい、何なんだ!」

 

 

 

 

S子「確かに先生は ”絶対風邪引かない”と言いました。」

 

 

”ハイエナおやじ” 「これで決まりだな。

 

         うちの息子は従順に言う事を守ったけれど

 

          重い風邪にかかった。」

 

 

「なぁぁぁーーーーおぉぉぉぉーーーー」

 

ネコ達の加勢もここまでかと思われた時・・・・

S子のスマホにメール着信。

S子のスマホにメール着信。

 

 送信者は M君”ハイエナおやじ” の 息子

 

 

メッセージ「鼻詰まり治った。♪(o ̄∇ ̄)/ 

 

       フリー太先生のおかげ。<(_ _*)>」

 

 

S子 予め M君と連絡を取り合っていた。 

 

 M君 風邪引いたからといって フリー太先生を全然恨んでいない。

 

 

 

S子、証言を続ける

 

 

「フリー太先生は 、言いつけを守れば風邪を引かない

 

   とは言いましたが、

 

  最初から風邪をひいている人が 治るとは言いませんでした。」

 

 

 

”ハイエナおやじ” 「うちの息子は 最初から風邪なんかひいてはいなかった。」

 

 

 

 

S子「何をもって 風邪と称するかは諸説ありますが
 
   主にウイルスの感染で 鼻や喉が 炎症する状態を

 

    風邪と言うのだそうです。

 

    このメールにあります通りM君は前々から鼻詰まりの症状があり 

 

     最初から風邪を引いていた と考えられます。」

 

 

「おーっ!」

 

 査問委員会の一同、感嘆の声

 

 

S子「M君の場合 最初から鼻かぜを引いていて 

 

    それが 別の風邪を併発させて

 

      熱を出して寝込んだ可能性が高いので 

 

    フリー太先生の言いつけを守ったのに

 

      風邪にかかったとは言えません。」

 

 

委員達から口々に フリー太を擁護する発言が出る。

 

  ”ハイエナおやじ” その流れに逆らえない。

 

 

マダム判事 「結論は出ましたね。

 

     当査問委員会は フリー太先生を ”白”と 判定します。

 

     彼が今後も講師を続けられるよう ”絶対”なんて言葉は慎むよう

 

     進言しますけれど。」

 

 

塾長、「ありがとうございます、ありがとうございます。」

 

 

面白いネコ「人間 も 捨てたもんじゃないね。」

 

面白いネコ

 

鼻詰まり治った。どうやって?

市の体育館、フリー太とM君 

 

 フリー太が子供だったころ 鼻詰まりを治した体験が語られている。  

 

 

フリー太 「ところが 中学生になって 陸上部で部活やるようになってから

 

      嘘の様に鼻詰まりがなくなったんだ。

 

      理由は分からないけれど

 

      運動不足で 血行が悪かった と思う。 」

 

 

M君は運動音痴で室内派、お宅系予備軍かもしれない。

 

フリー太「運動が苦手だからって

 

      運動しちゃいけないなんて思うのが間違っているんだ。

 

      散歩でもウォーキングでも ラジオ体操でも いいから

 

       自分ができる事で 体動かせば 血行が良くなる。

 

        そうすれば鼻の通りが 結構良くなる  ものだよ。」

 

 

 

 

面白いネコ「 血行が結構よくなるなんて 駄洒落か?  

 

  この期に及んで

 

 ハイエナおやじの息子を 思いやるなんて 馬鹿なお人よしだよね。

 

 でも 自分の保身しか考えない奴にオイラ達、肩入れしないけれどね。」

 

 

 


副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・アレルギー性鼻炎・鼻水・鼻づまりを自宅で解消する方法

 

 

関連ページ

風邪に強くなる
面白い猫が 元気が出る言葉 を 親しみ込めて贈るサイトです。お金と暇がないと良い思いができない、楽しくない、素敵でいられない、どうせ自分なんか・・・そう思い込んでいる方へ。ノーマネー、ノーリスク、ノーキャリアでも幸せはGetできます。でもチャレンジし続けるには心と体が健康でないと。そんな思いから生きる力が湧いてくる話を送ります、ヨロシク。