アルツハイマー・認知症にならない方法

認知症を怖がる前にこれを読んで下さい。

5人に1人が認知症?

できれば認知症になどなりたくありませんよね。厚生労働省の発表によると認知症は増加傾向にあり2025年65歳以上の認知症患者者数は700万人を超え、5人に一人の割合になるそうです。
脳の中の神経細胞が次々と死滅に至る認知症。

 

そのパターンは二通り考えられています。

 

一つは脳血管性認知症

 

 血管が老化して弾力性を失い硬化しボロボロになって詰まったり、出血したりすることで脳内の神経細胞に祷文な酸素や栄養を送れなくなってしまうケース。大きな血管の詰りあれば脳梗塞などを起こして自覚症状があるのですが 小さな血管や毛細血管レベルで起こす詰りは自覚症状がありません。何も気づか無いまま次第に神経細胞死が進行するのです。

 

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は脳の中にアミロイドβと呼ばれるたんぱく質のゴミが蓄積して脳細胞を死滅させる病です。認知症の中でも68%もの割合を占めます。

 

認知症予防

 

認知症は発症してしまうと完治は難しく、また予防する有効な方法はないとされ遺伝とか運命とされて来ました。

 

ところが、
高齢になっても脳はいっこうに衰えがない人がいる一方で 若いのに認知症を発症してしまうケースがあります。

 

そこに一体何が起きている!?

 

それらにケースを地道に調べて見えてきた、認知症を起こす起こさないの分かれ道は何か!  

 

認知症を予防する事は出来ます!

 

 

>> 脳血管性認知症を発症しない為には

 

>> アルツハイマー型認知症を発症しない為には

 

 

 

認知症予防

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳血管性認知症を発症しない為には

若い血管はゴムホースの様にしなやかです。しかし老化すると硬化します。血管がボロボロになって詰まったりしない様、血管年齢を若くしなやかに保つ事が大切です。

 

 認知症予防

 

特に高血圧の人は血管のダメージが大きいので 血圧の正常化を是非行って下さい。認知症だけでなく脳梗塞のリスクが増します。

 

脳血管性認知症

 

 

高血圧とは分かっていたけれど何をやっても効果が無いと諦めている人は少なからずいます。
大丈夫です! 薬に頼らず、誰にでもできる
>>高血圧を自力で直す方法があります。

 

幾つになっても衰えず、勝ち続けるアスリートが心掛けている事は血管年齢を若く保つ事です。
大丈夫です! 薬に頼らず、
>> 血管年齢を若く保つ方法があります。

 

 

>> 戻る

アルツハイマー型認知症を発症しない為には

 

アルツハイマー型認知症を発症しない為には

 

脳の萎縮を促していたのが老人斑   主にアミロイドβと言う物質です。アルツハイマー型認知症の原因が脳に溜まるゴミ・アミロイドβの蓄積だという事は以前から知られていました。

 

認知症予防

 

 

脳の中は神経細胞が電気信号をやりとりして活動しています。頭を使うと脳内にゴミ・アミロイドβというタンパク質の固まり等が出来ます。 このゴミは洗い流されるのであれば問題無いのですが、洗い流されることなく凡そ25年ほど経って蓄積されると神経細胞を死に至らしめます。では誰もが脳のゴミが蓄積して脳が委縮するかと言うとそうではありません。

 

認知症予防

 

 

認知症予防

 

 

血流が良い人が脳のゴミが洗い流されている

 

脳は多くの血液を必要とする器官です。脳内の神経細胞は多くのエネルギーを消費します。神経細胞が活発に活動する為には血液によって栄養と酸素が運ばれる必要がありますがそれだけではありません。血流には細胞が出す二酸化炭素や不要物を運び去る役割があります。血流が良い人、脳内隅々毛細血管に至る迄元気な人はアミロイドβ等のゴミも洗い流されると考えられています。

大丈夫です、誰にでもできるこんな方法で血流を良くできます。

 

>> 血流の良さ

 

認知症予防

 

認知症予防

 

 

>> 戻る

 

よく眠る人は脳のゴミが洗い流されている

 

良い眠りから醒めて、スッキリ爽快な朝を向かえられていますでしょうか。実はこの爽快感、脳のゴミをきれいにする大切なリフレッシュタイム、良き睡眠がとれている人は寝ている間に脳のゴミが洗い流されることが分かってきました。
2017年5月17日(水)放送のNHKテレビ番組
ためしてがってん ”これが世界最先端!“認知症”予防SP”より
 認知症予防

 

 

 

世の中にはちゃんと眠れない、熟睡できない、不眠症の人が本当に多いですね。しかしそれをあまり深刻な問題ではないと捉える人も大勢います。

 

ナポレオンは3時間しか寝なかったとか。
夜遅く(中には朝まで)までSNSや動画、ゲームに興じる人が増えているとか。
寝る暇もなく仕事をせざるを得ないとか。
眠りが浅い、寝てもすぐ目が覚めるとか。
「眠れなくても気にすることはない」とお医者さんに言われる事すらあります。でも脳のゴミが蓄積され、認知症発症上リスクが上がります。

 

 

姿勢が悪いと鬱になる。

 

もし慢性的に睡眠不足、寝ても眠りが浅いという人は

 

 

 

 >> 是非熟睡のコツを身につけて下さい

 

 

>> 戻る

認知症予防記事一覧

若い働き盛りの男が、まさかの認知症認知症が40歳代の男性をいきなり襲う。仕事ができる広告会社の営業部長、妻子持ちだが家庭を顧みる余裕がないほど忙しく働いている最中の出来事だった。大事なミーティングを忘れてすっぽかしたり、部下の顔が思い出せなくなる、物忘れがひどくなると同時に、めまい、幻覚といった不可解な体調不良が襲う。仕事で外出して道に迷う男は病院で若年性アルツハイマー病と診断される。現代医学では...