老後が心配 そんな不安を心機一転

健康長寿で働き続ける

日本経済を支えて来た終身雇用と年金制度。定年は60歳でした。 いつのまにか再雇用で65歳迄に延長されました。更にこの先75歳迄延長されると言われている。。理由は2022年以降、団塊の世代が後期高齢に入ると少子高齢化の流れで減り続けてきた現役世代だけでは支えきれなくなるから。ついには
>> 定年は消滅する  

 

元気健康

 

少子高齢化社会日本を支える現役世代の現実!

 

老後が不安

 

>> 老後貯金2000万円
 と言われてもそんな余裕ある人がどれほどいるだろうか?。では定年を過ぎても働くしかない、元気であれば。
 老いぼれても死なずに働くなんてできようか? ところが!!

 

>> 100歳超えて元気に働く医師がいる。
元気健康

 

そんなの無理と思ったが

100歳現役医師の爺さんがやっている事をよく読むと、自分にもできている事がいくつかあった。金も時間もかけないで誰もが簡単に続けられる事だ。

健康長寿でいる為に

 

1.冷え性解消やデトックス、ダイエットのみならず頭痛や動悸息切れの解消に有効、寝起きと入浴前後には必ずやっている

 

>> 白湯を飲むだけ健康法

 

老後が不安

 

2.血圧を安定させダイエット効果、姿勢を良くする効果が期待できる
>> 深い呼吸
ダイエット

 

3.頭痛やめまい 吐き気などを治す首コリ解消、ぜも絶対に首を揉んだり叩いたりしてはダメ!
>>首コリ解消ストレッチ

 

老後が不安

 

 

3.猫背に骨盤の歪みこそ 気分が落ち込みウツになる原因だった。
>> 姿勢の悪さを解消する方法
姿勢

 

 

4.スローな有酸素運動
数千万円もの価値がある 細胞若返り効果が期待できる
>>ウォーキングのコツ
ウォーキング

 

5.寝る事
睡眠時間は4時間しかとれていないが質で勝負!良質な眠りは 成長ホルモンを促し ダメージの回復、若返り、糖尿病や高血圧への抵抗力、ストレスへの抵抗力を強め、精神を安定させ、記憶の整理、脳の発達、ボケ防止などの効果があります。

 

>> 寝不足の解消法
睡眠

 

幾つになっても元気健康である事やる気や生き甲斐を持ち続ける事!
そして 収入も老後も心配ない 無理なく楽しくやりがいある働き方ができる

 

働き方改革

 

>>目指せ! 自由な生き方

老後貯金2000万円

少子高齢化社会日本を支える現役世代の現実!

私の身近な人達の現実ってこんな感じ。

  • 仕事に追われて忙しい。
  • 健康が心配。
  • 贅沢何てしていないけれど生活に余裕がない。
  • 老後の備えができない。

 

老後が不安

 

何が働き方改革か?これが高齢化日本を支える現役世代の現実だ。老後、年金とは別に2000万円の貯蓄が必要と言われるが、前提として

  • 持ち家でローンの返済が済んでいて
  • 子供は経済的に独立していて
  • 自分や親、家族に病気や健康の心配がなくて
  • 年金受給資格を満たし満額貰えるとして

そういう人が最低2000万円の貯金があれば定年退職して年金暮らしとなっても日本人の平均寿命(八十数歳)まで生きていく上での収支の帳尻が何とかと合うという。

 

そんな人がどれだけいる?

 

私と私の周りの人達には悠々自適の定年後をエンジョイしている人は見かけない。私と私の周りにいる人達と言えば

  • 寝たきりとなった身内の介護の為に離職しなければならない人とか
  • 社会人になったばかりの20代でありながら、老後が心配で楽しい事にお金が使えない若者とか、
  • 学校や仕事に行けずに親に養われている引きこりとか
  • 生活費や子供の学費を稼ぐ事で精一杯の共働き夫婦とか、
  • 不摂生で健康に自信が無く老後が心配な独身者とか、
  • 働きたくても仕事に就けずに 子供の稼ぎを当てにする老人とか、

私と私の周りの人達ってそんなんばっかりなのです。持ち家があって借金が無く、自分も身内も健康で 年金満額貰える前提で、それでも足りないから最低2000万円の貯金はしておけと言われても

 

あまりにも現実とかけ離れている。

 

日本は稼ぐ力を失いつつあると言う。頼みの自動車産業もEV化とかAI化とかで10年後の主役は他国に持っていかれる可能性が高いそうな。かっての経済大国を支えてきたおじさんおばさん方の多くがリストラや倒産に見舞われ、現役世代の真ん中の就職氷河期世代は収入が不安定だったり、次を担うゆとり世代は「打たれ弱い」と言われている。そして現役全世代に渡って引きこもりが散見する。 そんな現役世代がリタイアした大勢の団塊さん達の年金や医療費を支える構図がいつまで続くのだろうか?巨大な赤字国債を抱える国が消費税を10%にあげたとて当てにできようか?

 

[戻る]
トップに

定年は消滅する

今は働けるけれど 歳を取って体が不自由になって十分な収入も貯金も無かったらと思うと不安だ。
更に「定年は消滅する」と迄言う人が現れてきた。

 

 

一体どんな人がそんな事を言っているのかと思っていればテレビでお目にかかれた。2019年12月15日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」は「消滅」をテーマにした企画だったが。そのなかに「定年消滅」というのがあって 定年消滅時代をどう生きるか (講談社現代新書)の著者 経営アドバイザーの 中原圭介氏を向かえての討論を視聴した。
委員会のメンバー 竹田恒泰さん、丸田佳奈さん、田嶋陽子さん、山口真由さん 須田慎一郎さん、宮家邦彦さん、森永卓郎さん、桂ざこばさん の多くは 勤め人ではない自由業の人で稼げる人も稼げない人もいるみたいだけれど 定年が消滅しても「どうってことない」風でそんなやり取りの最後、委員の一人、産婦人科医モデルタレントの丸田 佳奈(まるた かな)さんから

 

「働くのを辞めた人よりも 働き続ける人の方が健康である割合が多い。」
なんて発言があって何かうなづけた。これこそ正解だと思えた。歳とっても健康でありたい 元気でいたい と思えました。

 

 

[戻る]
トップに

泰然自若に生きるには

団塊世代より一回りご年配の方々の中には悠々自適シニアを何人も知っている。美味しいものを好きなだけ食べて、欲しいものを好きなだけ買って、世界の有名な観光地はほぼ行き尽くして、年に一度は豪華客船クルーズ巡りをしていると言う。でもそんな暮らし、すぐ飽きると言う。人間、生きているからには何等かの生き甲斐を感じられる事、それが一番だと言う。どうすればそんな生き方ができるものか

 

仕事をまったく辞めてしまったら

 

  • 暇を持て余し退屈で仕方なくなる。
  • 経済的に不安だ。貯金があってもインフレで価値が減るかもしれない。
  • 健康面でも働いていた方が健康でいられる可能性が高いという丸田佳奈医師の言う事もうなずける

そうかと言って60歳を過ぎてから 現役時代並みのきつい仕事を続けるのは無理があるし共に働く若い世代の足手まといとなる。それではどうすれば泰然自若に生きる事ができるのか?

 

1.先ずは健康長寿でいる事
 前述のとおり体が悪くなる前に 白湯を飲むなり、ウォーキングの習慣を身につけるして健康でい続ける事。そしてなによりも

 

 やる気を持ち続行ける事

 

2.自分をプロデュースする事

 

具体的には「自分がやりたい仕事」に出会って 無理せず楽しく、過度な責任もノルマも負わず締め切りも無く好きな時に働いて休みは思いっきり楽しんで それでも誰かから必要とされて泰然自若に生き甲斐を感じられる仕事を幾つになっても続けられたら 老後が心配で眠れないという日々から解放される。フリーランスで生きている人達には案外とそういう生き方ができている人がいる。

 

老後が不安

 

 

 

>> 本当の働き方改革とは

 

[戻る]
トップに

100歳超えて元気に働く医師

 100歳過ぎて現役で働き続ける医師が現れた。スマホもラインも使いこなす泰然自若な健康長寿の超高齢者。2019年に「101歳現役医師の死なない生活」の本を出した、沖縄県うるま市のあかみちクリニックの院長、医師の田中旨夫さんだ。どんな生活をしているのかと一寸覗いてみると、野菜(海藻やキノコ にんじん)や果物(リンゴ)と肉類と乳製品(チーズやヨーグルト)をバランスよく食べて毎日30分、欠かさず散歩。「坂道を、自分のペースに合わせてゆっくり進み、高台についたら、心地よい風に吹かれながら、夕日に染まった美しい宜野湾を眺め、心を鎮めます。」とか。

 

元気健康

 

101歳 現役医師の死なない生活とはこんな本

2019年出版の「101歳 現役医師の死なない生活」

 

著者は101歳だが、いまだに現役医師として毎日患者さんを診察。今はスマホでLINEを使いこなし、仕事とプライベートを思いっきり満喫している。なぜそんなに頭もクリアで、仕事もバリバリこなせるのか。それには秘密があるといいます。その詳細を本書で余すところなく紹介。

 

 

 

はじめに

第1章 ちょっとした習慣≠ナ、100歳を超えても若者並みに動ける!
  • 規則正しい生活こそ元気のキモ
  • 毎日30分の散歩で死ぬまで歩ける体になる
  • 太陽の光を1日15分浴びて認知症やがんを防ぐ
  • 昼寝の習慣をつけて、疲れ知らずになる
  • 毎朝、足腰の柔軟体操をする
  • 体には軽めの運動が一番いい
  • ねこ背になっていないか、常に意識する
  • 「体によい習慣」を生活に根づかせる

 

第2章食べ物だけで、体はこんなに変わる!
  • 毎日15種類以上の野菜をとる
  • 野菜をとって体のサビを落とす
  • ベジタブルファーストで脂肪を減らす
  • 粗食ではなく、肉をしっかり食べる
  • ヨーグルト、チーズなどの発酵食品を欠かさない
  • 果物は少量でも毎日食べる
  • 体の土台となるカルシウムをたくさんとる
  • 老化を防ぐオリーブオイルをとる
  • 週一回、薬膳スープで細胞をよみがえらせる
  • くつろいでいる時間に緑茶を楽しむ

 

第3章体に悪いものを徹底してとり除く
  • 甘いものを食べない習慣をつける
  • 中高年は糖質制限をしないほうがいい
  • 塩分を減らして素材を味わう
  • トランス脂肪酸を含むパン、お菓子、インスタントラーメンは食べない
  • 加工食品を口にしない
  • 水を1日に2リットル飲んで血行促進!

 

第4章病は「元気で長生き」のきっかけになる!
  • 西洋医学に東洋医学をとり入れた統合医療で成果を上げる
  • 薬では治せなかった病気を治す
  • 病気で死にかかったことに感謝する
  • 89歳で末期がんになるも、完治して発症前より元気に
  • 薬は必要最低限に抑える
  • 未病のサインに気づく
  • 私が見た健康長寿の人の共通点

 

第5章 100歳を超えても心がワクワクする気の持ち方
  • 「心の健康」は「体の健康」に直結している
  • 体を甘やかすと衰えやすい
  • いつまでも若々しくいる秘訣
  • 「笑う門には福来る」には科学的な根拠がある
  • ストレスが少しあるほうが体にいい
  • 何でも「ほどほど」の感覚で暮らす
  • ボケ防止には脳トレではなく、楽しいことをする
  • イライラすると損をする
  • 「今日からあと10年は頑張る」という決意を毎日する
  • 死ぬまで未知のことに挑戦する
  • 死はこわいものではない
  • 自分の役割を考える
  • やるだけのことをやったら、後は運を天にまかせる
  • 「できない」ことより「できる」ことに目を向ける

 

 

[戻る]
トップに

元気健康記事一覧

生きていると嫌な事、辛い事、頭に来ること、哀しい事がありますよね。でも無理して耐えるだけではいつか潰れてしまいます。心身に良い深呼吸のコツを覚えて耐える力を養いましょう。この深呼吸はダイエットや姿勢を良くする効果、腰痛を予防する効果などが期待できます。1. 息の吸い方 息を吸いながら 両手を挙げて お尻を引き締めながら 2、3秒かけて鼻から息を吸います。2.7秒かけて長く 吐きます。掌を外に向けて...

多くの芸能人や女優さん達が 白湯(さゆ)を飲むだけの健康法を実践しています。何故でしょう?人間の体は7割位が水でできています。歳を取るとともにその割合が減ってきますが、体内に取り込まれた水は血流を良くして新陳代謝を促し、基礎代謝が上げる為(簡単に言うとダイエットに効果的に働くため)水をちゃんと飲む事で病気や老化にも耐える力が向上する事も期待できます。ただの飲料水を飲むだけで、こんな効果があるなんて...

ウォーキングって何の為にやるのでしょう。誰かに、会社に 上司に 奥さんに ノルマを課せられ一日8千歩を一ヵ月なんて。スマホのアプリで歩数計測して提出しろ何て言われたら思いですよね。実際にウォーキングをやってみたけれど続かないという人がいるのも事実。ウォーキングをやらない、やって見たけれど続かないという人はたくさんいます。やりたくても出来ない系帰宅が遅いから。夜しか時間が取れないけれど危ないから。花...

眠れた、眠れた! わぁーぃ、 わぁーぃ!!  (mー_ー)m.。o○ zZZ ぐっすり眠れた。  \(*^-^*)/  こんなに良く眠れたのは 何年ぶり?  o(*^▽^*)o~♪ぐっすり眠れると爽快 まるで新しく蘇ったよう。やる気も活力も 明るく前向きな気持ちも湧いてくる。心なしか、鏡に映った自分が 新鮮に若返ったような気持ちがしたりして慢性的に弱っていた体のあちこち、肌とか、髪の毛とか、内臓と...

熱中症は今までの常識では防ぎきれない程深刻です。地球温暖化や異常気象の影響か? 毎年災害レベルの猛暑に見舞われる日本で熱中症に倒れる人が後を後を絶ちません。熱中症の予防の仕方は正しく伝わっていない。熱中症が心配な人達の日常の過ごし方を実際に聞いてこれではいけないという思いからこの頁を立ち上げました。「くらっ」とくる めまいや立ち眩み。頭痛 吐き気 手足の痺れ(しびれ)といった熱中症のような症状を感...

肝臓って 頭が痛いとか  腹が痛いとか 肩がこった  とか 目が疲れたみたいに           苦しいって 訴えませんよね。  若さ と 活力!ダイエット 美肌ふさふさ艶々した髪の毛いつまでも 明るく 健康              そのための 要の 臓器 って なんだか知っています?肝臓って  肝臓は頭や胃腸、手足や腰、筋肉とは異なり  「疲れた」とも 「痛い」とも  もの言わぬガンバリ屋さ...

美容(ビューティ)や 健康(ヘルス)に関わるノウハウって・沢山ありすぎて覚えきれない、やりきれない (~ヘ~;)   ・やってみたけれど続かない  ⊂(´θ`)⊃・お金がかかりすぎて 続けられない (−д−)            それが実態ではないでしょうか。美容(ビューティ)や 健康(ヘルス)の 専門家ではありませんが  普通の人間として 生きる為に  偶然みつけました。 「自分に合ったストレ...

皆さんこんにちは。お金はないけれど 甲斐性がないけれどちょっぴりイケメンで お人好し 、頼られれば断れない フリー太と申します。劇作家志望のフリーターですが生活の為 小さな学習塾の非常勤講師をやっています。塾では 中高生のお母様方との面談が大切です。自分よりも 10〜20歳 年上の オバ様方相手に揉みくちゃにいたぶられながら サバイバルな生き方しています。 このコーナーでお伝えしたいのが ご婦人方...

風邪 インフルエンザに掛からない方法猛威をふるうインフルエンザお医者様や 一般の呼びかけは予防接種 や 手洗い に うがいでも それだけでは ダメなんですよ。自ら風邪をひかない (生きていくために 風邪ひいて休めない)且つ 教え子達に風邪をひかさない を  実践してきた  意外な予防方法とは!手洗い、うがいの徹底。特に人が多くいるところに出入りする時は頻繁に。手洗い後はタオルやハンカチでよく手をふ...

 入れ替わり浮き沈みの激しい芸能界 で 長く輝き続ける 女優さん方のプライベート は いつまでも若々しく 美しく 元気でいられる秘訣の宝庫です。女優さん達は、一般庶民には縁のないお金がかかるセレブ専用の美容と健康法をやっているのだ思われがちですが、実際に確認してみると 長く輝き続ける 女優さん方は意外にもお金をかけずに誰にでも簡単にできる方法をしっかりとやっているのです。>> 中でも是...

5人に1人が認知症?できれば認知症になどなりたくありませんよね。厚生労働省の発表によると認知症は増加傾向にあり2025年65歳以上の認知症患者者数は700万人を超え、5人に一人の割合になるそうです。脳の中の神経細胞が次々と死滅に至る認知症。そのパターンは二通り考えられています。一つは脳血管性認知症 血管が老化して弾力性を失い硬化しボロボロになって詰まったり、出血したりすることで脳内の神経細胞に祷文...