高梨沙羅 ソチ五輪女子ジャンプ

高梨沙羅 ソチ五輪 スキージャンプ女子 まさかの4位、無念なお気持ちに 贈る言葉

面白いネコ

 

今回の試練は

 

 若干17歳 の 高梨沙羅さん が 

 

 より偉大なジャンパーへと 成長する為 の 天の采配 と 思って応援しております。

 

 

ソチ五輪 スキージャンプ女子 「私のジャンプ見てください」
NHK 2014/2/12(水) AM 2:30 〜 

 

   2回のジャンプとも 風が災いするとは。

 

       途轍もない大変なものと戦っていたのですね。

 

 

 

 

飛ぶのですよ!

 

 小さな 現役女子高生十七歳 が

 

   飛ぶのですよ。

 

    ソチ5輪初採用の

 

  ”スキージャンプ女子” という競技で 

 

 

 

2014/2/11 追記。

 

 タイトルの放送時間を訂正しました。   <(_ _)> 

 

 

高梨沙羅 ソチ五輪 スキージャンプ女子  「私のジャンプ見てください」 

 

NHK地上波の中継予定時間 は

 

 2014年2月12日(水) 2:30〜4:05

 

  (ソチ 現地時間 2月11日(火) 21時30分 の 開催。) 

 

 

今回 女子スキージャンプ女子 ノーマルヒル(85〜109m級ジャンプ台)に予選なし、

 

  2回飛んで合計点で順位決定

 

・一回目 2014年2月12日(水) 2:30〜 

 

・二回目 2014年2月12日(水) 3:25〜 

 

 

 

 

 沙羅 vs サラ 対決 即ち

 

  高梨沙羅(日本 17)vs サラ・ヘンドリクソン(USA 19) 対決は 見もの!

 

 

 バランス感覚 と 柔軟性は 4歳から始めたバレィで養われたとか。

 

 ジャンプはメンタルに大きく左右されるスポーツ

 

  「私のジャンプ見てください」   は 踏み切る際に

 

  自らつぶやき タイミングを取っているとか。気持ちが強く 安定していますね。

 

  でも 日本の皆さんに応援して欲しいという 気持ちもあるに違いありません。

 

  皆で応援しましょう! 。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

 

 

当サイトコメンテーターは フリー太は 

 

 中高生相手に学習塾で教えていますので

 

  ”現役高校生”の快挙にとても関心が高く

 

    会う人会う人 興味がない人達にも応援しようって 呼びかけています。

 

 

ところが

 

 「ふーん、そうですか」 (ー。ー)フゥ 

 

  なんて余り関心がない返事を受けます。

 

 

 マスコミ・世間で騒いでいるので 名前位は知っているみたいな。

 

 

高い、高い、山頂の滑走路から 猛スピード で加速し

 

 長いスキーをハの字に開いて 100m以上 も滑空し

 

  両腕を羽の様に広げて 着地するこの競技、

 

 

 一般の人にはあまりに馴染みなく 関心が持てないかも知れませんが

 

  一人でも多くの人に

 

     「応援しようよ」  と呼びかけています。

 


「えっこの子が飛ぶの!?」それが最初の印象でした。

 

不見識でした。「ソチだ、ソチだ」 と世間で騒がる迄 

 

 梨沙羅 の 存在すら 知りませんでした。

 

「えっこの子が飛ぶの!?」  エーッッ!!Σ(゚ロ゚ノ)ノ 

 

                それが最初の印象でした。 

 

 

 

小さくて 大人しくて  普通の日本人女子

 

  その辺のどこにでもいそうな子・・・・・

 

   (※レディに 容姿の事を言うのは大変申し訳けありませんけれど  <(_ _)>  )

 

 

梨沙羅(たかなし さら、1996年10月8日 生まれ)

 

 身長 は 152cm

 

  表彰台に3人並ぶと  左右を 大人に挟まれて立っている 子供の様。

 

   小 さな体故の体重の軽さは 飛距離を競うスキージャンプでは

 

     不利 、

 

凄い! 

 

  それを他に例を見ない独創的な 飛び方で克服し  

 

    世界のトップに上り詰めているのだから     凄い。 

 

 

 

しかしもっと凄いと思ったのは 

 

 そもそも
        オリンピックに 女子スキージャンプという 種目がなかった

 

  それなのに頑張り続けて、

 

  男子に負けない 飛距離を実証し 

 

   5輪の正式種目に採用の夢 を実現した一人です。

 

 

梨沙羅選手を応援しよう、見ているだけで元気になれる

 

フリー太が応援しようと呼びかけて

 

「ふーん、そうですか」  (ー。ー)フゥ  なんて 

 

  余り関心がないというか それど頃ではない 声を聞きます。

 

   塾の卒業生、特に女子の現状は厳しいですね。

 

 

就職活動の厳しい現実。

 

 スーパーのレジでパートをしながら 仕事を探す日々、

 

  せっかく就職できても子供が出来ると 育児との両立が厳しい現状。

 

   シングルマザーとなってパートしている女子なんて 今日を生きるだけで精一杯。

 

でも それどころではない人達 にこそ見て欲しいのです。

 

「梨沙羅 選手を見ているだけで 元気になれるのですから」

 

 

因みに 就活苦労している 卒業生には TOIECで高得点が取れるよう

 

   >> これを薦めています。

梨沙羅 不利な体の軽さ を克服する独自の飛型

 

オリンピックが近づくにつれ テレビでも放送されて見た

 

 梨沙羅 選手  が 飛ぶ姿、

 

   あまりにも  衝撃的でした。

 

 

目も眩む高い 高い 高い  山の上から  

 

 小さな 小さな 本当に 小さな体を

 

  空気抵抗を最小限に受け流す   

 

   低い 低い 低い 低い姿勢に屈めて 滑走して

 

 

 時速90キロの猛スピード迄 加速した体を

 

  他の選手みたいに、上には飛び上がらず

 

    真っ直ぐ前に より速く前に  飛び出します。

 

 これはジャンプ競技では不利な体重の軽さのハンディを克服する為の

 

  彼女が独自に編み出したスタイルとか。

 

 

飛んでいる、飛んでいる、

 

 小さな体を ハの字に広げた長いスキーと くっつける様にして

 

     隼の様に 飛んでいる。

 

 青空を背にして 飛翔している姿が・・・・

 

  何とも

 

         美しい !

 

 

 

 

 

 

 

梨沙羅 現役高校生の 実像 

 

金メダルに最も近い候補として 脚光を浴びる彼女 、

 

  写真に撮られることが苦手  だそうです。

 

    目立ちたがり屋さんじゃなくって  目立ちたがらない人なのですね。

 

それでも記者会見やインタビューの場で

 

 聞かれたことに卒なく、礼儀正しく 応えてくれてくれるのは

 

  「応援してくれた人、これまで支えてくれた人に 

 

     感謝の気持ちを伝えたい」

 

      と言う思いがあるからだそうです。

 

それだけではなく

 

 後に続く選手達の為にも

 

  マイナーだった女子スキージャンプがもっと脚光を浴びるように

 

   との思いもあるのでしょう。

 

旭川市のグレースマウンテンインターナショナルスクールに

 

在学中の現役高校生    

 

 この学校を選んだのは

 

 『海外へ遠征した時に

 

     英語が喋れると精神的に余裕ができるから』 

 

                                だそうです。  

 

入学4ヵ月後の2012年8月に

 

  高等学校卒業程度認定試験に合格しているそうですから

 

   勉強もスポーツ もちゃんと両立させているのですね。

 

今日スポーツの世界で勝ち抜くには 練習や才能だけでなく

 

 自分とライバルを比較したり

 

  自分の弱点を客観的に分析して課題を克服する

 

  科学的アプローチが不可欠ですから 。

 

世界で活躍するためには 練習と 勉強と 英語ですよね。

恐れない! 着地の衝撃の恐怖に耐えながらの飛型美 の競い合い

 

 

飛距離 が 100メートル以上の ヒルマークを超えると

 

 着地点が 傾斜地 から 平地に変わるので 強い衝撃に耐えなければならない。

 

 

転倒や 骨折の危険もある 怖い 怖い 着地の衝撃に

 

 耐えなければならないのに

 

 

 この競技は 飛距離だけではなく  飛型点 即ち美しさ も競うため 

 

  テレマークという スキーを 靴一つ分 前後に開きいた姿勢で 、

 

   着地しなければ ならなくて

 

    片足からかかってくる着地衝撃を 膝と腰の屈伸で吸収し 

 

     両手まで広げて その美を 競い合わなければならない。

 

転倒して脳震とうになったり、足を挫いたり 骨折もあり得る

 

 物凄い危険な瞬間 だ。

 

 

  梨沙羅 選手 テレマークが苦手だったみたいですね。

 

   以前は両足でお座りするように着地していました。

 

    そら怖い ですよね。

 

でも

 

 ライバル サラ・ヘンドリクソン選手(米国) に負けないため 

 

       これをやっと克服したそうな。

 

 あちらさんとて  完璧なテレマークを決められるベテランだったにも関わらず、

 

  足を痛めてソチ5輪直前の一月までお休みしていたそうな。

 

   ベテランでも失敗するほどの 危険な瞬間 なのですね。

才能なの? って誰もが思うけれど 純粋な夢 と地道な努力の積み重ね

 

 

「ふーん、そうですか」   とか  「それどころではない」 という人  (ー。ー)フゥ 

 

 にこそ   梨沙羅 選手 の事をもっと知ってもらって

 

    一緒に応援したいとそう思うのです。

 

 

生まれつき才能のある人、元々できる人が 世界のトップを極めても

 

 私達一般の人は 「凄い」 とは思っても 「親近感」 は沸かないですよね。

 

でも 梨沙羅選手 は違うのです。

 

 ・体は硬い方 だったそうです。

 

 ・運動神経も良いわけではなさそう、球技は苦手のようです。

 

 

彼女を突き動かしてきたのは

 

 「もっと遠くに飛びたい」 という ただ純粋な気持ちだけ。

 

それを可能にしたのは

 

 幼い頃から 自分で課題を見つけて どうすればそれを克服できるかを工夫する

 

  地道な努力の積み重ね。

 

 

どうです、 親近感を感じますよね?、

 

 聞いているだけで元気が出ますよね?

 

 

 「心が若さを失っていないならば」 

”出来ない”を 他人のせいにしない、本番まじかになってまさかの試練

 

ソチ5輪 本番 間近になって 信じられないような酷い難題。

 

 これまで慣れ親しんできた ジャンプ台と ソチ採用の新ジャンプ台 の つくりが違う。

 

  お陰で 滑走から踏み切るタイミングが わずかに遅れる。
   (時速90キロの滑走で 100分の1秒 の遅れ。) 

 

 ソチ新ジャンプ台のR(曲率)が なだらかな為に 

 

  遠心力の G変化 が感じにくく、 体で覚えていた踏み切りタイミング 乱れていたそうだ。

 

   それでも 本番前にじょじょうに克服しつつある。

 

 

2014/01/19 - スキージャンプ女子のワールドカップ(W杯)蔵王大会では

 

 ソチと同じなだらかジャンプ台で 最長不倒の98メートルを飛び、

 

  127・5点で優勝できた!

 

 

 

ソチ本番前に 偉い過密スケジュールで試合をこなしているのは何故?

 

 世界中あっちこっち行くだけでも大変だろうに  と思えば 

 

      こんな 事情があったのですね。

梨沙羅 選手に 金だ、金だと プレッシャーかけている場合じゃないのだ

 

記者会見の場で伝えらる梨沙羅 選手の気持ちは

 

 「ここまで来られたのは

 

    応援してくれた人達 支えてくれた人達へのおかげ」 という感謝

 

 

 「感謝の気持ちを込めて最高のパフォーマンスをしたい」 という想い。 

 

 

 「目指すのは金(メダル)なのですけれど

 

  その前に 課題を一つ一つ攻略しなければ」 という 地道さ

 

 

心が安定していますよね、

 

 自分をしっかり客観的に見る事ができていますよね。 

 

 

「オリンピック試合会場は別物」

 

 「物凄いプレッシャーを感じてミスしたり 本来の力が出せない」

 

                      という話をよく聞きますが

 

 彼女はそれも克服してくれそうですね。

頑張らなければいけないのは 応援しているこちらですよね

 

フリー太なんか 全然頑張れていなくって、 

 

 挫折して 挑戦するのやめちゃって あてどもないその日暮らしですが

 

 周り見回すと、フリーター とか ワーキングプア とか 同じ様な 日本人が結構いて

 

 「自分だけじゃないんだ」 なんて 安心しちゃって これじゃ いかんですよね。

 

偉そうな人に上から目線で「しっかりせんか!」といわれても

 

 「うるせぇ、バカ野郎」って 反発心しか沸きませんけれど

 

 

この人の頑張っている姿見ていると

 

           痛いですよね、  自分の不甲斐なさが。

 

                  でもそう感じられるだけ 

 

 「 未だ心が若さを失っていないって」 前向きに捉えて

 

              応援しましょう ソチ5輪 頑張れニッポン!

 

 

 

(2014年2月1日(土) 午後9時00分〜9時49分 シリーズ 金メダルへの挑戦
 小さな大ジャンパー 梨沙羅17歳 より)

 

関連ページ

浅田真央は侍
浅田真央 選手はサムライ。応援しているだけで元気が出るこれだけの理由
井上真央,伊勢谷友介 熱演! 花燃ゆ 第1部 光だった!
低視聴率に喘ぐNHK大河ドラマ 花燃ゆ第1部。凄いドラマだった。日本にこれほどの テレビドラマがあるとは凄いじゃないか。人生をしっかりいきなければいけない。元気出る、やる気出る、生きていて楽しい 落ち込んだ気持ちを元気にしてくれる。生きる希望が湧いてくる。そんなエンタメ芸能 レビューです。
嵐 大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和成 松本潤の皆さん これからも輝き続けて下さい。
嵐 大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和成 松本潤 アイドルから国民的スターへ 輝き続けて日本中を明るくする存在でいて欲しい。
浅田真央 さんの笑顔 に 観音菩薩 が宿っていた!!
女性フィギアスケート 浅田真央 選手 2014年 「今シーズンは休みます。 皆さん宜しくお願いします。」と語ったときの笑顔、おひさまの様に 穏やかで優しい笑顔を を見るだけで明るい気持ちになれますよね 元気が出ますよね。
浅田真央 選手 の世界フィギア 日本の若者をこれほど勇気付ける。
浅田真央 世界フィギアで演じた感動の演技は最高でした。
浅田真央 選手 の帰国後記者会見って 歴史的大転換だったと思う日本人です。
浅田真央選手の 演技に感激しまたけれど 帰国後記者会見の笑顔にも 元気とかやる気を貰えました。フィギュアスケート世界選手権、頑張ってください!
浅田真央 ソチ5輪 応援
浅田真央 女子フィギアスケート ソチ5輪で金メダルが期待させる 演技は 滅多に見られない好カード。絶対見逃せませんね。
浅田真央 ソチ5輪演技に感動
落ち込んだ気持ちを元気にしてくれる。生きる希望が湧いてくる。そんなエンタメ芸能 レビューです。
羽生結弦・ソチ5輪 の 神技美
羽生結弦(はにゅうゆづる)選手 技と美を世界トップレベルで競う 男子フィギアスケートで 日本人初の金メダル その素晴らしさ美しさはまるで神の様。 おめでとう、おめでとう、おめでとう、 こんなに美しい 日本人の男子がいたとは、嬉しい、日本人男子凄い、誇り!
あまちゃん・NHK連続テレビ小説 の 主題歌 が 聞こえてくる
落ち込んだ気持ちを元気にしてくれる。生きる希望が湧いてくる。そんなエンタメ芸能 レビューです。
あまちゃんSP2
面白い猫が 元気が出る言葉 を 親しみ込めて贈るサイトです。お金と暇がないと良い思いができない、楽しくない、素敵でいられない、どうせ自分なんか・・・そう思い込んでいる方へ。ノーマネー、ノーリスク、ノーキャリアでも幸せはGetできます。でもチャレンジし続けるには心と体が健康でないと。そんな思いから生きる力が湧いてくる話を送ります、ヨロシク。
アイドルって何?
あまちゃん NHK朝ドラに込められたメッセージを読み解きます。
イチローの小さな挑戦
野球に興味がなくてても聞いてください。イチローの言葉が希望をもたらします。