仕事ができる人、成功できる人、夢を叶えれる人の心と体の養い方

できる人になれる器を養いましょう。

仕事ができる人、成功できる人、夢を叶えれる人ってどういう人でしょう? 

 

賢い人?、秀才?、努力家、勉強家?、長い間そう信じられてきました。でも、人に求められる資質が変わってきているのです。スマホ、パソコン、ネット等コンピューターの普及は凄まじい!。人工知能やロボットが人間を超えるごく近い将来、医師、弁護士、会計士のような知的な資格仕事の担い手の多くが、人ではなくなると言いいます。

 

 

仕事ができる人、成功できる人、夢を叶えれる人ってどういう人でしょう? 

 

21世、グローバル化の波が凄い。中国、インド、アジア、欧米、イスラムからの人々が日本中至る所に入り込んでいます。観光地にではありません、日本の学校や職場の至る所に、昔からある日本の会社で社長が外国人っていう事でさえ当たり前になりました。日本人も世界中に活躍しています、言葉や文化の壁を乗り越えて。これまで、日本人は勤勉と言われてきました。よく勉強し、よく調べて研究する。そして努力、練習、訓練、改善を一生懸命にやる、それが日本社会を支えてきました。ところが、世界を相手にすると、日本流が通用しません。想定外の出来事に弱く、突然の変化が起きると総崩れになる。「あれだけ頑張ったのに?」、負けてしまう、失敗する、撤退するなんて事が良く起きる。

 

これからの世の中で仕事ができる人、成功できる人、夢を叶えれる人になるにはどうすれば良いのでしょう? 

 

ヒントは、太平洋戦争・ミッドウェー海戦サッカーワールドカップ・ブラジル大会ソチオリンピック・フィギアスケートの浅田真央選手に見られます。

 

 

サイトマップ

 

>>ヒントはミッドウェー海戦、サッカーブラジル大会、ソチ・浅田真央選手

 

>> ぐっすり眠って明日への活力を養おう

 

>> 勝負時、本番前には覚醒する。

 大事な本番、今日が勝負と言うときに活発モード(交感神経)を全開にできますか?

 

前半のサイトマップ

 

できる人間になる秘訣はこんなところに!

 

>> 自律神経 という仕組みを理解する

 

>> リラックス名人になる

 

>> 胃腸を労わる

 

>> 疲れ、ストレス、捩れ、歪みを解きほぐす

 

 

ヒントはミッドウェー海戦、サッカーブラジル大会、ソチ・浅田真央選手

 

世界の中で、日本人は器量が小さいのでしょうか? やっぱり日本人は世界では通用しないのでしょうか。いいや、希望はあります。
 

 

 

ヒントは、太平洋戦争・ミッドウェー海戦サッカーワールドカップ・ブラジル大会ソチオリンピック・フィギアスケートの浅田真央選手に見られます。

 

太平洋戦争・ミッドウェー海戦で日本海軍は圧倒的に有利でした。世界でもトップクラスの戦闘機と4隻の航空母艦、良く訓練された戦闘員。対するアメリカ海軍は備えが十分ではなく空母も2隻しかありませんでした。ミッドウェー島は簡単に攻略できるはずでした。ところが戦況が作戦通りに進まない、幾ら偵察機を飛ばしてもアメリカ軍の空母がつかめない。島を攻めるべきか、対空母戦に備えるべきか、日本軍の現場は混乱します。そんな混乱の僅かな隙をついてアメリカ軍の戦闘機に3隻もの日本海軍空母を撃沈されてしまいます。予想外の出来事、突然の変化への弱さを露呈します。

 

 

2014年ワールドカップ(ブラジル大会)、日本人の選手はイギリスやドイツ イタリアなど世界の名門リーグで活躍している選手を多く擁していました。もしかして優勝?決勝トーナメントに進めるのは間違えないと思われました。日本は予選グループCで コートジボワール、ギリシャ、コロンビア と戦いましたが一勝もできませんでした。ギリシャのチームが日本のチームをこう分析していました。「日本は良く訓練され強いチームだが、自分達のスタイルで戦えないと精密機械が狂うように力がはっきできない」と。

 

 

 

やっぱり日本人は世界では通用しないのでしょうか。いいや、希望はあります。

 

ソチオリンピック・フィギアスケートの浅田真央選手を思い出してください。日本に新しい芽が育っています。世界の頂点、前人未踏の更に先を目指して、失敗を恐れず誰もやらなかった事に挑戦し、正々堂々世界をリードする日本人がいる。浅田真央選手が大切にしている事は良く休み、良く眠る事なのです。

 

もはや頑張るだけでは通用しません。休んだり心身を養ったりする事を惜しむと疲労やストレスが蓄積し、誤解や判断ミスを起しやすくなります。いろんな事を抱えすぎて器に余裕が無くなると”より安易で分かり易い方”を選んでしまいがちになるのです。仕事ができる人、成功できる人、夢を叶えれる人になる為にはリラックス名人、いつでもどこでも爆睡OK本番で戦うために必要な器を養う事なのです。

 

 

 

 

>> トップへ戻る

ぐっすり眠って明日への活力を養おう

頑張る人、チャレンジする人、活躍する人ほど連日の激務、厳しい練習、猛勉強、時差など忙しくて生活が不規則!。その上明日が本番、ここ一番の勝負と興奮。明日失敗したらオシマイ。不安、と緊張やプレッシャーも一杯抱え込んでいます。「寝ないでがんばれば合格する、成功する。」なんて事はありません!睡眠不足が一週間以上続くとお酒に酔っているときと同じくらい注意力が落ちますしガンバリが効かなくなるので安易な解決策を選んでしまいます。注意力や判断力が落ちたときに大事な決定、決断をしますと失敗します。
一生懸命頑張る人の中には、睡眠時間が短い人は確かにいます。フランスの英雄・ナポレオンとか、Appleの創始者・スティーブジョブズなどです。彼らはショートスリーパーと呼ばれていますが決して睡眠不足ではありません。一度に6〜8時間眠るの単相性睡眠型ではなく、少しずつ分けて寝る、多相性睡眠型体質だと思われます。ショートスリーパーは僅かな時間でも良質な睡眠、深い眠り(即ちノンレム睡眠)をしっかりとる達人です。

 

成功する人が身に付けているワザは”いつでもどこでも爆睡OKテクニック”。僅かな時間でも良質な睡眠、深い眠り(即ちノンレム睡眠)をしっかりとれるようになりましょう。

 


よく眠れる人は心が明るく笑顔でいられます。 ヾ(@^▽^@)ノわはは  そうするとキラキラ輝いているオーラが出て周り全体を明るくするのでこういう人は選ばれやすいのでチャンスに恵まれ成功しやすいです。

 

 

 

寝る子は良く育つと昔から言います。寝ている間に成長ホルモンが出ますので良く発育し、大人になってもダメージからの回復が早いです。大人になってもすっぴんで肌がつるつるの人がいますが、。幾つになっても元気で若々しい人はいますけれど、こういう人は選ばれやすいのでチャンスに恵まれ成功しやすいです。

 

 

 

眠る事は疲れをいやすだけでなく、精神を安定させ、脳の発達を促します。夢を見るのも決して悪い事ではありません。怖い夢や悪夢でもです。夢は潜在意識に眠っている(起きている時は自覚していない)いろんな感情 恐怖、怯え、悔しさ、悲しさ、不安、不満と折り合いをつけて心の緊張を解きほぐしているのです。

 

 

 

「人間、寝なくても死にはしない。」そう言って寝る間も惜しんで夜遅くまで起きている人、ほとんど寝ない人が実際にいますが、本当に大乗でしょうか。

 

 

 

実際はストレスに弱くなったり、病気に対する抵抗力が落ちたり、鬱(うつ)な気持ちを深刻化させたりしていませんでしょうか。私の場合、慢性の不眠症が何年も続いた挙句

 

鍵がない!

財布をどこにしまった?
電車の切符をどこにしまった?
ATMから出金してもお金を置き忘れてしまう。
スーパーで買い物した物を置き忘れてしまう。

 

と若年性認知症が進むかに思われました。

 

 

 

 

寝れない不眠症 睡眠不足を解消する為に本や雑誌、テレビ番組やネットで紹介されている事はやりました。枕なんて5つも持っています。病院にかかると精神安定剤とか、睡眠薬等のお薬を処方されます。最初は効くのですが次第に効かなくなります。お医者さんに相談すると更に強い薬を処方されます。薬などに依存する事はぜひ避けたいものです。

 

 

 

 

 

寝れない、寝付けない、寝ても夜中に何度も目が覚める不眠症、鬱病(うつ病)が原因と言うか 不眠症がウツを悪化させる というか深刻な話も聞きます。
 

 

鬱(ウツ)で寝れない不眠症って 回復の見込みはないのでしょうか。

 

大丈夫です。誰でも、ぐっすりと寝れる様になれます。

 

 

 

大切な事は寝れない不眠症の原因をしっかり把握する事です。

 

>> 不眠症のネックは 意外な事だったりします。

 

 

 

 

睡眠エピソード

 

睡眠は人を強く美しくしてくれるというエピソードです。 女子フィギアスケート・浅田真央選手は大会が世界中で行われるので睡眠不足を解消するためにマットレスを持参します。

 

  睡眠を重視していたかをご覧下さい。

 

 

モデルで女優の佐々木希さん
この人、デビュー当時は 日本人の美人DNAもここまで進化したかと騒がれましたが、若くはなくなっても益々キレイでテレビドラマやCM 映画の撮影など多くの仕事をハードにこなしています。彼女の特技は

 

 睡眠の名人 いつでもどこでも爆睡OK! 

 

 

 

 

>> トップへ戻る

勝負時、本番前には覚醒する。

 ずーっと リラックス(副交感神経)優位のマンマですと、ナマケ者です。今日は大事な日、将来が決まる大事な勝負!。こういうときには活発モード(交感神経)を優位にして全力で取り組めてこそ充実した人生が過ごせます。どうすれば活発(交換神経)モードを覚醒させる事ができるのかを、長く活躍している芸能人やプロスポーツ選手、世界で戦うアスリート達から学びましょう。

 

   

 

 

朝は早起きで

 

 リラックス(副交感神経)優位から活発(交換神経)優位に変わり切るまで2〜3時間は余裕をみましょう。特に低血圧気味で朝に弱い人は早起きになりましょう。朝、9時から勝負が始まるなら6時起床です。

 

 

 

朝カレーで脳内の血流をよくする

 

 カレーのスパイスは脳の血流を増加させ、集中力を上げる効果があり朝の覚醒にはうってつけです。イチロー他多くの有名人が朝カレーを実践しています。受験生の間でも有名です。
朝の慌しい時間にカレーを作っている余裕はないと思いますので前日以前に作りおきしてパックして冷蔵庫に保存しておくと、朝の忙しい時間に手っ取り早く朝食として用意できます。一晩たったカレーの方が美味しかったりします。それもめんどくさかったらレトルトカレーを利用しても良いでしょう。朝食ですからご飯ではなくパンにつけて食べても良いです。

 

 

 

 

大事な決定は 午前中がお奨め

 

 就活で内定が二つ取れた、どちらにしようかとずっと悩んでいたけれで今日が決めなければならないタイムリミット。そんな将来に関わる大事な決定は(人に意見は聞いても)人に頼らず自分で決断しなければなりません。一晩寝て、翌朝起きて活発(交換神経)モードが十分覚醒した。こういうときに決める様にしましょう。その他にも今日一日の予定を計画するとか、作文とか製作の核になる決定は、覚醒はしているけれどまだ疲れていなくて、いろんな情報も入ってきていない午前中がお奨めです。

 

 

 

 

応援歌を聞きましょう。


J-Popの中には聞く人を元気にしてくれる応援歌的な良い作品が結構あります。やる気を高め、モチベーションを上げてくれる曲は人夫々異なりますので自分で探しましょう。中でも嵐の曲は如何でしょう。今では国民的人気者ですが、元々はワールドカップ女子バレーを応援する事でスタートしたユニットです。仕事や試合で頑張る人だけではなく恋愛や結婚の応援歌も多くの人から愛されています。  

 

>> なでしこジャパンの選手は試合前、嵐の曲を聞いてモチベーションを上げます。

 

>> エンタメには落ち込んだ気持ちを元気にしてくれる。生きる希望が湧いてくる。そんなパワーがあります。

 

 

 

 

 

動的なストレッチ運動

 

  動的ストレッチ、小刻みに体を動かす準備運動の様なもの。NHKためしてガッテンではフリフリストレッチと称していました。活発(交換神経)モードを優位にする上でとても有効です。プロスポーツ選手だけではなくって学生さんやビジネス人にも効果があると思われます。大事な本番や、ここ一番の勝負時、上がらないで、緊張しないで、持てる以上の力を引き出す秘訣です。実際に走らなくても良いです。狭いスペースでほんの僅かな時間でよいので 化粧室や休憩所など 人に見られて恥ずかしくない場所に移動してやってみましょう。

 

 

 

>> 動的ストレッチ やってみた! 物凄い効果あり!

 

 

 

 

>> トップへ戻る

関連ページ

生きて行く力を養う方法
大丈夫。強くたくましく生きていく力を養う事は誰にでもできます。
できる人 の 心と体の養い方 前半
仕事ができる人、成功できる人、夢を叶えれる人には誰でもなれます。生まれつき、才能、能力、努力や鍛錬、DNA、財産etc そんなもの無くてもなれるのです。
夢も希望もビジネス力UP次第
成功する人、夢を叶えられる人、仕事ができる人になる為のビジネス力アップ法です。
自分の器を広げましょう
自分を変える方法を知りたい。どうすれば人生は変わるのか。夢が叶うのか。