できる男 できる女 になるために

できる男、できる女になりたければ自分の芯の強さビシっと鍛えましょう。

思うように生きたかったら、自分のやりたい事で成功したかったら、夢をかなえる事ができる人間になりたかったら、凛として一本ビシッと筋の通った芯の強いお人におなりなされ夢や希望は能力や才能、熱意だけでは叶えられません。人としての芯の強さが必要です。その為に今の時代に相応しい生きていく上で役立つ技(ワザ)を磨きましょう。強くなれるという事は実に楽しいです。お金で買えるものとか、人からもらえるものとは比べ物にならないです。
 
(※ 日本人の芯の強さの象徴・刀。日本刀は”剛さ”と”しなやかさ”を兼ね備えた世界に誇れる工芸品です。)

 

<サイトマップ>
>> 強くなろう! 自分の芯の強さを鍛える為の、実社会でも役に立つワザを磨こう。

 

>> 実例!楽しく、役立つ、誰にでもできし、豊かになれる。

 

>> できる! 能力や才能が無くてもできるって本当?

 

日本刀は敵を切るという役目を終え、工芸品として存在していますが、日本刀を生み出した精神は今も生きています。
即ち、男性的な”力強さ”と、女性的な”優しさや包容力”の両方が力を合わせてこそ、明るい未来がやってくるでしょう。
   

 

一本筋を通せる凛とした芯の強さのイメージです。女性的な強さの場合の”優しさ”、”包容力”。これも立派な芯の強さの一つです。新しい何かが芽生えるときとか、育まれて成熟するときに是非必要な資質です。

 

 

 

一本筋を通せる凛とした芯の強さのイメージです。男性的な強さの場合、不屈の闘志、力強さが特徴です。社会の危機とか、世の中が抱える問題を打ち破って新しい時代を切り開く時に是非必要な資質です。
 

 

 

大切なのは互いに良いところを認め合う度量です。「どっちが上だ」とか誰が一番なんて意地をはらないで、互いに認め合ういましょう。そういう生きかたこそ新しい日本の生き方だと思います。
※身体が男でも女性的な人はいますし、女でも男性的な人はおられます。男だから強く、女だから優しくと押し付けるつもりではありません。

 

 

 

それにしても男性でも 女性でも 凛として一本ビシッと筋の通った芯の強い人になるにはどうすれば良いのでしょう。強くなると言うと皆さんがイメージするのは空手やボクシングの様な格闘技。パンチやキック、投げ飛ばすワザを身に付けて臆病さを克服できれば自信は付くでしょう。でも今の世の中、身に付けたワザを使う機会がどれだけあるでしょう。警察官とかガードマン、自衛官くらいでしょうか?

 

座禅も精神を鍛えます。足が痺れる、お腹が空いくといった雑念を振り払い、心を無にして己と向き合う事は良いことです。でも現実社会で夢をかなえる為に必要な力量とは違うのではないでしょうか。

 

 

例えば決断力、チャンスかも知れないけれど失敗するかも知れない。そんな迷いを振り払ってどっちに進むかをさっさと決めてしくじらない。こういう決断力って実践でしか磨かれません。例えば就活、大企業の安定の中で組織の歯車になるか、先行き分からぬベンチャー企業で自分の夢を賭けて見るか。それらしい理屈を並べ立ててもいざ決断しなければならない時、迷う悩む自分では決められない、お母ちゃんは安定を選べと言うが自分では納得できない
いざ決断という時に必要な ブレない一本筋の通った芯の強さ、これはえどうすれば鍛えられるのでしょう。

 

  

 

若いうちから自分が「これだ!」と思える進路やビジネスに挑戦してみる事は良いことです。自分のやりたい事、生き甲斐を感じる事で食べて行ければ幸せです。でも失敗すれば人生を棒に振ると言う不安迷い とどう向き合うか。能力や才能、熱意ややる気があっても肝心な時に決断できなくて何も決めきれないまま終わってしまう人間の何と多い事でしょう。

 

いざ決断という時に必要な ブレない一本筋の通った芯の強さ、これはえどうすれば鍛えられるのでしょう。

 

    

 

Web記事情報発信で実践してみる

凛として一本筋の通った芯の強い自分になりたかったら書いてみることです、Web記事を。書く内容は人の役に立つ事、喜んでもらえる事にしましょう。そして情報発信してみます。SNSでもブログでも、サイトでも誰にでも無料でできます。Webに記事投稿を繰り返しながら「一体、世の中の人はどういった記事ネタを知りたがっているのだろう?」、 「どうしたら自分の書く記事をちゃんと読んでもらえるのだろう?。」そんな工夫を繰り返してみてください。中々上手く書けるのではありませんがやっているうちに”やりがい”を感じるようになればしめたものです。「これこそ自分が言いたかった事だ。」と言う考えが上手くまとまったときは喜ばしいです。そしてWeb記事を発信する。発信した記事を誰かが読んで「おぉ、そうだ、その通りだ。」 、「あんたは中々良いことを言う。」と読者に言ってもらえるようになったら・・・・・・・・・・・・・ あなたに一本ビシっと筋の通った芯の強さが芽生えているのです。

 

 

 

 

時代は変わりました。今までは情報発信をする人は特殊な人でした。

  • 選挙の立候補者。人々の為になる良い考えを訴えて、選挙民に支持されれば当選します。
  • マスコミ、良い記事を書けば雑誌や新聞の売り上げやニュース番組の視聴率、或いは世間の評判に反映されます。
  • 小説家や評論家 良い事を書けば本が売れますし、テレビ番組出演のオファーや新聞コラム執筆の機会が増えます。

実際 プロの物書きになるのは大変な事です。この世界は結果が全て、才能や努力だけでなれるものではありませんでした。ところが今の時代、SNSやブログ、ちょっと頑張ってサイトを開けば誰にでもできるのです。しかもセールストークを言う必要はないのですけれど、記事の内容に関係ある広告を貼るなどして広告収入を得る事もできるのです。これがあなたのやる気とかモチベーションうを満たしてくれます。

 

書く事は あなたにできる範囲で人に役立つ記事、誰かに喜んでもらえる記事にしましょう。

 

 

大切なのは記事ネタです。

皆が知りたがっている記事のネタや 皆が捜し求めている言葉(複合語)を見つけてロックオン!自分の書きたい事、言いたい事に固執しすぎると自己満足になります。皆が知りたがっている記事のネタや 皆が捜し求めている言葉(複合語)はネット(検索エンジン、2ch、知恵袋等々) を使って探しましょう。

 

どうしたら読んでもらえるか

Webの記事はグーグルやヤフーの検索エンジンが人工知能を使って良い記事か悪い記事かを判断していますので、先ずはこれをクリアします。
その上で

  • 悪い文書は書かない。
  • 読者に役立つ記事とハッキリ分かる文書にする
  • 一本筋の通った話が書ける。
  • 簡潔明瞭な文が書ける。
  • 読んでもらえる工夫ができる

 

気心の知れた相手、家族、友達、仲間に読んでもらえる記事を書くならば誰にでもできます。

 

 

 

 

でも世の中の大勢の人々、顔を知らない誰かに読んでもらえる記事を書く為には、世の人達は何を求めているのか。どうすれば自分の言う事を聞いてもらえるのかと言うワザを身につける必要があります。

 

 

 

 

その上で凛として一本筋の通った芯のある記事を書いてみましょう。実際やって見ると分かるのですけれど、良い記事を書こうと思えば思うほど悩みます。「あぁでもない、こうでもない。」と書いてみては書き直し、書き直してはやり直す。誰にでも覚えがあると思います。正しい事、良いアイデア、を持ちながら分かってもらえないもどかしさ、やりきれなさ、悔しさ、無念さが。小説家が原稿用紙を前に頭抱えて悩む程では無いのですけれど。
 

 

 

「自分の考えている事、言いたい事とは本当は何だったのか?」そんな自分自身の心の内を掘り下げて自問自答してみるみたいな。良い記事を書こうと思えば思うほどもがきます。幾ら書き直しても「上手く書けない」、「自分の言いたい事となんかニュアンスが違う」と。そして見つけるのです。自分って本当は何だったのか? 

 

そして芽生えてくるやりがい、充実感

やっているうちに「やりがい」みたいなものが芽生えてきます。あんな事も言ってみたい、こんな見方もできる。少しでも書けるようになると心が満たされます。 「何だか自分が成長しているな」という喜びを味わえます。そのような葛藤を経て得られた自信が凛として一本筋の通った芯の強さを鍛えてくれるですよ。これこそ自分が本当にやりたい事、希望、夢を実現させてくれる絶対に必要な力です。

 

 

 

 

 

続ける為に努力に見合った報酬が得られる仕組み

 

良い記事を情報発信して誰かに感謝されてもそれで終わればモチベーションが続かないでしょう。そこで1人ビジネスを始めます。ビジネスと言っても締め切りとか、資金繰りとか、契約とかそんな煩わしい事に縛られない広告ビジネスです。アフィリエイトと言って自分でちっちゃな広告業をやってみるのです。商品が売れても自分で梱包したり配送したりする必要はありませんし代金の回収も必要ありません。商品が売れなくても在庫と借金に苦しむ事もありません。最初はおこずかい程度で、やれそうと思えば日課にして、あなたが情報発信するWeb記事が広く多くの人に読まれる様になれば収入も得られます。

 

>>  具体的にはこちら
      

 

 

一生懸命情報発信して収入が得られるとなれば、モチベーションがあがります、やる気になれますよね。

 

>> サイトマップに戻る

 

Web記事書きは 楽しい、自分に役立つ、儲かる、そして文才が無くても書ける その実例

 

「世の中の人に役立つWeb記事を情報発信しましょう」と言うと、何かとても難しい、凡人の自分にはとても無理と思われるかも知れませんが、そんな事はありません。

 

例えばあなたがウォーキングに興味があったとしましょう。お金がない、暇もない、長続きしない、運動音痴の人でもできる健康法です。ウォーキングの体験記をブログ等でWeb記事にしてみてください。あなたが医療やフィットネスの専門家でなくても全然OKです。あなたの記事を100人の人が読んで、1人でもウォーキングを始める人がいたならば、あなたの勝ちです。

 

 

生活習慣病予防の殆どがウォーキングに行き着きます。それほどよい事と知られていてますので”人に役立つネタ”には違いありません。でも「皆さん、ウォーキングをやりましょう」みたいな記事を書いても誰も読みはしません。”足の上げ下ろし方”について専門家が言っている事を調べて書いてみても誰も読みません。勿論、ウォーキングシューズの広告を貼ってみても無駄です。さぁどうすれば良いのでしょう。

 

先ずはあなた自身が一日30分程度のウォーキングをやってみてください。 (15分が2回でもOK) やってみるだけでなく取材をします。身近な人に聞きます。”ウォーキングをやろうと言う気にならない理由”とか、ネットでも調べます。 美容や健康に良い事、生活習慣病予防が続かない理由を。「やる時間が無い。」とか「効果が実感できない」とか「寒いから」、「花粉症にやられるから」、「夜は危険だから」いろんな記事ネタが出てきます。この中で自分にとっても親近感を覚える記事ネタ、例えば「ウォーキングって効果が実感できない」に着目します。

 

         

 

ウォーキングの効果についてネットやテレビ番組(ためしてガッテンがお奨め)で調べて見ますと単にカロリーを諸費するダイエット効果だけでなく、悪い姿勢が体幹に及ぼした歪みやネジレを解消する効果がありますし細胞のミトコンドリアを活性化させて元気に若返るという効果もあります。その為には腕を大きく振り上げて体幹を回転させたり、ゆっくり歩いてチョイキツ走りを一分やってみるなど効果を出すためにはちょっと変わったウォーキングがお奨めです。
1.腕を大きく振る
体幹 腰や背骨の歪みや捩れを解きほぐす為に腕をゆっくりとオーバーアクションで大きく振ります。 

 

    

 

 

 

2.チョイきつ走り(1〜3分) & 普通のペース を繰り返す
細胞内のエネルギー活性を司るミトコンドリアを元気にするスイッチをonにする為に”チョイきつ走り(1〜3分)”&普通のペースを繰り返します。

 

 

       

 

この二つのコツを身につけるだけで ダイエット&スリム化は勿論 姿勢は良くなり好感度UP 燃焼系体質となり身体が元気に蘇ります。腰痛予防効果も期待できます。一般の人がウォーキングに抱いているイメージとは違う走り方をすると効果的だったりします。これを実際、自分でやってみましょう。近所の人から変な目で見られるかもしれませんが、自分オリジナルの記事が書けるって面白いです。

 

詳しくはこちら
>> 効果的なウォーキングのコツ 1.腕フリ、2.チョイきつ

 

>> サイトマップに戻る

 

文才がゼロも自分に誇れる良いWeb記事はこうして書ける

アフィリエイトは誰でも簡単に始められる個人広告ビジネスなのですが、実態は上手くいって月1万から2万円程度の稼ぎ、お買い物のポイントカードよりはマシ、かけた労力対して得られるものが少なくて大抵の人はしばらくし辞めてしまう、そんなケースが大半でした。

本命は良いWeb記事が書ける事

事実として一時的に大儲けしたり、会社を辞めて独立する人とか、夫以上に稼ぐ主婦のアフィリエーターはいるのですが長続きする人は少ないようです。世間やスポンサーに迷惑をかけない配慮も必要でズルをしたら即退場です。私の意見ですが”稼ぐことが目的”でアフリエイトをやっても上手くいかないように思います。良い記事を書いて人のお役に立ちたい。 、書く事で自らを鍛える事に喜びや生き甲斐を感じる。その取り組みを継続する為に収益も得る。そんな心構えで取り組んだ方が上手くいくように思います。

 

アフィリエイトに取り組む上で是非注意したいのが、仕事を辞めたがっている人です。若い人の中には新卒で会社に入って3年以内に勤め先を辞めてしまう人が3割もいるそうです。

 

朝から晩まで食事する間もなく働いているのに、「よくやった」と評価されるどころか辛い思いをしている人の事は少なからず耳にします。
 

 

 

 
やむにやまれず会社を辞めて アフィリで食べていこうと思う人はいるでしょう。でもそれは食べて行ける様になってからにして下さい。

 

 

石の上にも3年という諺がありあすが新卒で3年以内に離職した場合、正規雇用される事が難しくなる傾向にあると聞きます。辛い事、我慢出来ない事があればあるほど、「自分の芯の強さを鍛えよう」と頑張るエネルギーにして下さい。

 

どうすれば末長く食べて行けるアフィリエーターになれるかについてはいろんな事が言われています。何かこれさえ買えば楽して稼げる的な本とかマニアル、プログラムなどがありますけれど、大本命は「良いWeb記事が書ける事 」に尽きる。では実際に良いWeb記事を書いて食べていけている人はどうやって書いているのでしょう。2015年にその実態に迫る王道とも言うべきテキストが発行されたのです。

 

 ここに書かれている事を簡単に紹介しますと

 

「小手先のテクニックに頼らず、人に役立つ良いWeb記事を書き続けて信頼される事。そういう記事を書くには法則があってそれを身に付ければ文才がゼロも記事が書ける。」という内容です。

 

勿論私も才ゼロを購入して何度も読んで実践中です。率直な感想ですが

  • 「これは学校の教科書になっても良い位、価値のある書だ!」
  • 「ビジネスに是非必要な書だ」、
  • 「伝え方が上手くなくて、損をしている人に是非読んで欲しい。」
  • 「機会が閉ざされている人に是非読んで欲しい。」、
  • 「将来が不安で迷っている人に是非読んで欲しい」
  • 「何をやっても上手く行かずに落ち込んでいる人 に是非読んで欲しい」

と思えました。

 

作者は 元大手サイトのWeb記事ライターだった淺川さん(ハンドルネーム:ネコヨーグルトさん)という男性です。ご本人は善良で真面目、ユーモアがあってユルーい感じの人なのですが、「自分にはとても厳しく真面目な人、そして誠意のある人」でした。そういう人の書いたものって、読んでいて元気が出ますし、励まされます。「やろう!」、「頑張ろう」って気持ちになれます。

 

>>私が才ゼロを推す理由

 

 

 

>> サイトマップに戻る

関連ページ

仕事が できる男 女になる為の ビジネス力UP法
仕事 ビジネスが できる男 できる女になる為の人生設計です。